クラウドファンディングの施行に向けて

前回(「クラウドファンディング」の時代が到来します。)にお知らせしたとおり、改正金融商品取引法により、本年より「(投資型)クラウドファンディング」が解禁されることになっています。

前回の記事では、少人数私募債との定義の違いを書きましたが、今回は類似しているポイントをご紹介したいと思います。

「少人数私募債」と「(投資型)クラウドファンディング」の類似点

まず、直接金融ということ(クラウドファンディング業者が仲介に入りますが)

投資家に「何かを支援したい、サポートしたい」という、場合によっては共感、感動を持ってもらえること。つまり「その会社の思いや事業に共感したい。」や「その会社の事業を応援したい。」という会社とリレーションを深く持った投資手法であること

上記の部分において会社が投資家にアピールするポイントは、それが「少人数私募債」であろうと「クラウドファンディング」であろうと、当事者である会社の思い・世の中に付加価値を提供して良くしたい等の実現のための出資を募るところのコアな部分(核となる部分)は変わらないことだと考えます。

その手法が少人数私募債であったのか、クラウドファンディングであったのかという違いだけです。

即ち、現在少人数私募債の活用を考えている会社にとっては、法律施行にともないクラウドファンディングにもチャレンジできる下地を既に作っているということになるかと思います。

資金調達のコストの違いはあるかと思いますが、そういった観点でも自社の知的資産を整理し、世の中にアピールする部分を良く見なおして、手法のチョイスを広げ、実行できるようにしてみてはいかがと思います。

※クラウドファンディング業者とは

第一種少額電子募集取扱業者(有価証券等の仲介)及び第二種少額電子募集取扱業者(ファンド等の媒介)を言います。

【これらの記事も読まれています】

スポンサーリンク

私募債発行のその前に!ファクタリングによる資金調達をご存じですか?

つなぎ資金が足りない・・・。銀行融資を断られた・・・。すぐに事業資金が必要・・・。

そんな経営者様でも安心です。売掛金を売却して今すぐ資金繰りを改善!

借入ではないので金融機関の信用も落としません。資金繰りが改善するので、逆に金融機関の信用もアップします。

ファクタリングのご利用に関して、ご注意頂きたい点はわずか2つです。

  1. 事業資金専用のサービスであること
  2. 100万円以上の売掛金が必要であること

無担保・無保証。赤字決算でもOKです。10秒で完了。カンタン無料診断はこちらから。

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ