活用法その4:ノンリコース型

4.ノンリコース型(責任限定)私募債の活用

社債の発行条件によっては投資対象事業関連収益及び資産に限定した社債を発行することも可能です。

ただし、かなりハイレヴェルな内容及び発行となるので検討が必要ですが。

通常の私募債で発行する場合の返済義務はもちろん会社が全責任を負うことになりますから、事業がうまくいかず社債が償還(返金)できないとしてもその償還義務が債務となって償還満期日に遅れようがいずれ返金しなければならりませんし、その義務は消えません。

それが、この責任限定のノンリコース型とすると、そもそも投資対象事業がこけてしまってうまくいかなかった、ゆえに私募債発行会社としては責任がなく返済しないという条件の私募債とすることができるのです。

何か発行会社にとってはとても都合の良い私募債ですが、まぁそれがノンリコース型と言われる所以です。

しかし、それだけ気軽にやれるものではありません、場合によっては訴訟を招きやすくなるリスクもありますので、それなりのシビアーな段取り、手続きが必要になろうかと思います。

【これらの記事も読まれています】

スポンサーリンク

私募債発行のその前に!ファクタリングによる資金調達をご存じですか?

つなぎ資金が足りない・・・。銀行融資を断られた・・・。すぐに事業資金が必要・・・。

そんな経営者様でも安心です。売掛金を売却して今すぐ資金繰りを改善!

借入ではないので金融機関の信用も落としません。資金繰りが改善するので、逆に金融機関の信用もアップします。

ファクタリングのご利用に関して、ご注意頂きたい点はわずか2つです。

  1. 事業資金専用のサービスであること
  2. 100万円以上の売掛金が必要であること

無担保・無保証。赤字決算でもOKです。10秒で完了。カンタン無料診断はこちらから。

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ