活用法その1:社長自らの貸付

1.オーナー社長が自社へ資金を貸し付ける私募債

ただし、税制改正によりこのスキームでの節税ができるのは平成27年いっぱいまで!?

私募債は募集するだけが私募債ではありません。

そもそも会社にある社長が個人的に会社へ貸付している債権を私募債へ振替・転嫁することも可能です。

中小企業の場合は経営者等から会社へ対して資金の貸付をしているケースが多々見受けられます。

そのケースでの貸付金の利息を受取る経営者等の確定申告での税制上の有利があります。

但し25年の税制改正において現在の同族会社関連等の社債権者の源泉分離課税(20.315%復興税含む)は平成28年から総合課税となることが決まったようです。

ゆえに同族関連からの募集についての利息への有利節税は平成27年迄となったようです。

私が知っているある会社のオーナーが自身の資金から数億円を会社へ私募債を利用して融資し、その受取利息だけで毎年数千万円となっており現在の源泉分離課税を利用して総合課税からの税務利率と比較すると約1千万円ほどの節税効果を利用している方もおります。

この節税方法もあと2年ほどで出来なくなるということです(因みに私募債の利息を源泉分離課税から総合課税へは同族会社関連の方だけのことであり、それ以外の第三者からの利息は変わらず源泉分離課税は継続できるようです。詳しくは税理士等へ確認下さい)。

【これらの記事も読まれています】

スポンサーリンク

私募債発行のその前に!ファクタリングによる資金調達をご存じですか?

つなぎ資金が足りない・・・。銀行融資を断られた・・・。すぐに事業資金が必要・・・。

そんな経営者様でも安心です。売掛金を売却して今すぐ資金繰りを改善!

借入ではないので金融機関の信用も落としません。資金繰りが改善するので、逆に金融機関の信用もアップします。

ファクタリングのご利用に関して、ご注意頂きたい点はわずか2つです。

  1. 事業資金専用のサービスであること
  2. 100万円以上の売掛金が必要であること

無担保・無保証。赤字決算でもOKです。10秒で完了。カンタン無料診断はこちらから。

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ