「クラウドファンディング」の時代が到来します。

本年5月23日、インターネット経由で個人から小口の投資資金を募る「クラウドファンディング」の普及促進のための改正金融商品取引法が参院本会議で成立しました。

2015年に施行する見通しです。

これによって、今後企業などが資金調達しやすくなる選択肢がふえることが大いに予想され、大変良いことだと思います。

ここでは、クラウドファンディングの具体的な方法等の内容は特に触れませんが、同じく資金調達の方法である少人数私募債との一部の違いだけをみてみましょう。

クラウドファンディングでの規制の一部

  1. 一人の投資家が1つの企業に資金提供できるのは、年間50万円以下まで。
  2. 企業側が1年間に募集できる額は1億円未満。

といった上限が設けられています。

一方、少人数私募債での同類の規制は?

  1. 一人の投資家が1つの企業に資金提供できるのは、上限の規制はなし。
  2. 企業側が1年間に募集できる額の規制もない。

(もちろん、少人数私募債の個別の発行条件規制の範囲内において)

上記の内容を見たうえでも、

ざっくりした違いは、クラウドファンディングは年間の上限の規制があり、また少人数私募債は1回の募集する方法の制限があるという「年間」と「個別発行時」というところです。

企業側がクラウドファンディングを利用した方が良いケースと少人数私募債を利用した方が良いケースとケースバイケースによることはもちろんですが、うまく両方の選択肢を駆使して企業の資金調達の発展が向上することは喜ばしいことです。

2015年からの施行を楽しみに待ちたいものです。

【これらの記事も読まれています】

スポンサーリンク

私募債発行のその前に!ファクタリングによる資金調達をご存じですか?

つなぎ資金が足りない・・・。銀行融資を断られた・・・。すぐに事業資金が必要・・・。

そんな経営者様でも安心です。売掛金を売却して今すぐ資金繰りを改善!

借入ではないので金融機関の信用も落としません。資金繰りが改善するので、逆に金融機関の信用もアップします。

ファクタリングのご利用に関して、ご注意頂きたい点はわずか2つです。

  1. 事業資金専用のサービスであること
  2. 100万円以上の売掛金が必要であること

無担保・無保証。赤字決算でもOKです。10秒で完了。カンタン無料診断はこちらから。

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ