少人数私募債と通常の社債の比較(手続き編)

通常の社債と少人数私募債の比較をした場合に、少人数私募債では不要なことでも、社債の発行となると、以下の手続きの義務が必要となります。

  • 社債は有価証券であるため、株式などと同じく金融商品取引法の規制下に置かれるため、社債(公募債)を発行する会社は金融商品取引法上の有価証券報告書の提出義務が生じます。
  • 社債は社債管理者の設置が義務となります。ちなみに社債管理者の資格は銀行や信託銀行等となるためその委託費用が別途にかかります。

以上の手続き面の義務が生じる為に行政手続きに不慣れな会社にとっては煩雑な作業及びそれを行うための費用の発生を強いられます。

こういう手続き面での比較においても、いかに少人数私募債の発行がスピーディーかつ、リーズナブルであることがわかると思います。

【これらの記事も読まれています】

スポンサーリンク

私募債発行のその前に!ファクタリングによる資金調達をご存じですか?

つなぎ資金が足りない・・・。銀行融資を断られた・・・。すぐに事業資金が必要・・・。

そんな経営者様でも安心です。売掛金を売却して今すぐ資金繰りを改善!

借入ではないので金融機関の信用も落としません。資金繰りが改善するので、逆に金融機関の信用もアップします。

ファクタリングのご利用に関して、ご注意頂きたい点はわずか2つです。

  1. 事業資金専用のサービスであること
  2. 100万円以上の売掛金が必要であること

無担保・無保証。赤字決算でもOKです。10秒で完了。カンタン無料診断はこちらから。

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ